個人のお客様

ジャブジャブ加工(ドライ+水洗い+成形加工)

夏の間に汗を吸いこんだ洋服、しまう前にジャブジャブ加工でお手入れを

ドライクリーニングだけでは落ちにくい汗汚れ

写真:ジャブジャブ加工
専用ネットでくるんで
型くずれ防止

完璧と思われがちなドライクリーニングですが、実は落としにくい種類の汚れがあります。洋服に付く汚れの種類は大きく分けて、油汚れやお化粧汚れなどの油溶性の汚れと、汗汚れやお酒の汚れなどの水溶性の汚れがあります。ドライクリーニングでは油を使って汚れを溶かし出すため油溶性の汚れ落としは得意ですが、水溶性の汚れはあまり得意ではありません。汗などの水溶性の汚れをしっかり落とすには水洗いをする必要があります。そこで、岡山ランドリーのジャブジャブ加工では、まずドライクリーニングで油溶性の汚れを落とし、次に水洗いをすることで水溶性の汚れも落とします。しかし、ただ水で洗えば良いというわけでもありません。ウールマークの洋服をうっかり洗濯機で洗ってしまい、縮んだり型くずれしてしまった経験のある方もいらっしゃると思います。

水洗いで怖いのは縮みとシワと型くずれ

写真:ジャブジャブ加工
洗浄後はすぐに
人体プレス機へ

最近では家庭用洗濯機でドライマーク衣料が洗える洗剤やドライコース機能が付いた洗濯機を多く見かけるようになりました。しかし、本来 水に弱い生地を水で洗うということは、縮みがおきたり細かなシワができたりする危険にさらすことになります。
岡山ランドリーのジャブジャブ加工では、以下のようなことをしています。また、縮みがおきていないことを確認するために、お客様から洋服をお預かりした時点で細かく採寸し、仕上げ後に寸法をチェックするということもしています。

  • 型くずれを防止するために水洗い時に専用のネットに入れる
  • 縮みを防止するために縮み防止剤を配合した洗剤液でやさしく洗う
  • シワや型くずれを直すために洗浄後はすぐに人体プレス機にかける

※ 一部、ジャブジャブ加工に向かない素材があります。

お気軽にお問い合わせ下さい (見積無料)

お問い合わせ
【フリーダイヤル】0120-686929

詳しくは上記フリーダイヤルまでお問い合わせ下さい(月~金曜日 8:30~18:00)